引越し単身パックと自分でする場合の費用比較

 

どちらの方法がほんとに得かを検討してみる?
業者の単身パックを使う場合

単身パック近距離1万円〜2万円くらい
単身パック長距離2万円〜5万円くらい

自分で引越しをした場合 トラックを12時間借りる場合は約6000円+ガソリン代+高速代金+友人の謝礼費用

丸1日借りる場合は倍の約12000円+ガソリン代+高速代金+友人などの謝礼費用

 

 

引越し単身パックと自分で引越しをする場合、どちらの方がお得なのか気になりますよね?

 

イメージ的には、引越し業者に頼らずに自分で行った方が安くすむような気がしますが、実際はどうなのでしょうか。

 

まず、引越し単身パックの料金は、近距離の引越しだと1万円〜2万円長距離だと2万円〜5万円ほどといったところです。

 

一方、自分で引越しをする場合、レンタカー代やガソリン代、友人への謝礼や飲食代などが発生します。

 

単身者の場合だと荷物がそれほど多く無いので、借りるレンタカーは軽トラックで十分だと思います。

 

軽トラックを12時間借りる場合は約6000円、丸1日借りる場合は倍の約12000円くらいかかると思って良いでしょう。

 

そして、ガソリン代は移動距離によって異なりますが、だいたい5000円は見積もっておくべきです。

 

また、友人2人に引越しを手伝ってもらう場合、謝礼として1人5000円という金額が妥当だとではないでしょうか。

 

ただ、これに1人2000円くらいの飲食代などもかかると思った方が良いかもしれません。

 

そうすると自分で引越しを行なう場合、25000円〜30000円程度は最低かかると思った方が良いかもしれません。

 

しかも、これに高速料金や自分の飲食代や労力などを合わせると割りに合わなくなってしまいます。

 

自分で引越しをされた方が安くすむイメージが強いと思いますが、冷静になって費用を計算すると引越し単身パックの方がお得なケースが多いです。

 

TOPへ