引越し単身パックと自分でする場合の違い

 

引越し単身パックと自分で引越しをする場合の違いは、安全に引越しを行うことができるかどうかです。

 

引越し単身パックは、通常の引越しと同じように引越しのプロが荷物を破損させたり、壁や床を傷つけないように細心の注意を払って作業を行なってくれます。そのため、引越しによるトラブルが起こる可能性は、極めて低いですし、作業時間も短いです。

 

一方、自分で引越しをする場合は、素人が引越しを行なうので、荷物を壊してしまったり、壁や床を傷つけてしまう可能性が大いにあります。

 

また、プロとは違うので、当然ですが作業スピードも遅く、予定よりも引越し終了時間が遅くなってしまうことが多いです。

 

そして、自分で引越しを行った方が、引越し費用を節約できると思っている人が多いですが、果たしてそうでしょうか?

 

確かに荷物が少なく、近場での引越しであれば、費用を節約することができるかもしれませんが、それは本当に稀なケースだと思ってください。

 

まず、自分で引越しを行なう場合、荷物を運べるような車をレンタルしないといけないので、レンタカー代が発生します。

 

また、その他にも燃料費はもちろん、友達に手伝ってもらう場合は交通費や食事代なども負担しないといけません。

 

そうすると想像以上に引越し費用がかかってしまい、引越し単身パックの方がお得になることが多いです。

 

以前ですが、私は引越し業者のシステムを知らないこともありレンタカー一本でした。

 

ですが、たまたま友人の勧めもあって引越し業者を使ったのですが、そのときの感想としては「快適な引越し作業」の一言でした。

 

なぜ今まで使わなかったのか後悔したくらいです。

 

ですので、自分で引越しをした方が安いと決めつけず、まずは各業者に引越し単身パックの見積もりを出してもらい、それから判断した方が良いでしょう。

 

TOPへ