引越し単身パックと通常の引っ越しパックの値段比較

 

引越し単身パックと通常の引越しパックでは、大きく値段に開きがあり、基本的には引越し単身パックの方が安くなります。

 

通常の引越しパックの場合、近距離の引越しであれば2万円〜5万円長距離の引越しだと5万円〜15万円ほどかかります。

 

一方、引越し単身パックの場合だと近距離の引越しだと1万円〜2万円長距離の引越しだと2万円〜5万円ほどです。

 

このように引越し単身パックの方が、通常の引越しパックよりも明らかに料金が安く設定されています。

 

だからこそ、引越し単身パックは単身者に人気があり、利用する方が非常に多いのだと思ってください。

 

しかし、場合によっては、引越し単身パックが通常の引越しパックよりも割高になってしまうケースもあるので、注意しましょう。

 

基本的に引越し単身パックという引越しサービスは、大きな家財道具が無い荷物の少ない単身者向けに提供されています。

 

運べる荷物の量は、引越し業者が用意する専用コンテナに入る分だけなので、それを超える荷物に関しては、別途費用がかかってしまいます。

 

もし、一台のコンテナに入りきらない場合は、もうひとつコンテナを使用することになるので、通常の引越しパックよりも料金が高くなってしまう可能性も出てきます。

 

このように基本的には引越し単身パックと通常の引越しパックを比較すると引越し単身パックの方が圧倒的に安いですが、場合によってそれが逆転することもあるので、しっかりと自分の荷物を把握してから、引越し単身パックを利用されてください。

 

また引越し業者によっては、単身パックのサイズに違いがあったり、単身パックの料金に違いがあったりしますので、自分に一番都合が良い業者を選ぶためには、複数の引越し業者を比較することが大切です。

 

TOPへ