引越し単身パックと通常の引っ越しパックの違いは?

 

引越し単身パックと通常の引越しパックの違いは、運べる荷物の量と運び方だと思ってください。

 

通常の引越しパックの場合、トラックを一台貸し切るので、特に荷物の量に制限がありませんが、引越し単身パックの場合は運べる荷物の量に制限があります。

 

引越し単身パックは、引越し業者が用意する専用コンテナに入る分しか運ぶことができないので、運べる荷物の量が限られています。

 

そして、トラックを一台貸し切るのではなく、他のコンテナと一緒に一台のトラックに載せます。
これが、引越し単身パックと通常の引越しパックの大きな違いだといって良いでしょう。

 

このように自分の荷物と他人の荷物を一緒に運ぶことによって、業者の人件費や燃料費を節約することができるため、料金が格安になっています。

 

そのため、他の人の荷物と一緒に自分の荷物を運ばれたくない人や、荷物の量が多い人は通常の引越しパックを利用された方が良いでしょう。

 

また、通常の引越しパックだとソファやベッドといった家財道具を運ぶことができますが、引越し単身パックだと専用コンテナに入らないので、運ぶことができません。

 

引越し先で家財道具を購入される場合や、部屋に最初から家財道具が用意されている場合は引越し単身パックを利用しても良いですが、どうしてもソファやベッドといった家財道具も運びたいのであれば、通常の引越しパックを利用してください。

 

これから引越しをされる単身者は、お得に引越しをするためにも、引越し単身パックと通常の引越しパックの違いを理解しておきましょう。

 

TOPへ