引越し単身パックのリスクは?

 

引越し料金を安く抑えることができるため、単身者の方の多くは、引越し単身パックを利用されています。

 

では、引越し単身パックを利用するにあたって、リスクはないのでしょうか?

 

まず、引越し単身パックで考えられるリスクは、荷物の量の制限オーバーです。

 

そもそも引越し単身パックとは、専用コンテナに入る分だけの荷物を運ぶ、荷物が少ない単身者向けのサービスです。

 

そのため、あらかじめ業者が用意する専用コンテナのサイズを確認し、自分の荷物が全て入るのかどうかを考えないといけません。

 

しかし、中には当日になって、自分の荷物の多さに気付くという場合があります。

 

そうなってしまうと追加のコンテナを用意しないといけないので、追加料金が発生してしまいますし、場合によっては引越しをキャンセルされる可能性があります。

 

これが、引越し単身パックの最大のリスクだといって良いかもしれません。

 

また、基本的に引越し単身パックは安いですが、場合によっては他の業者の方が安い可能性もあります。
地域密着型の中小業者だと近距離引越しの場合、5000円〜10000円以内で引越しができてしまうケースがあります。

 

そうなってしまうと、わざわざ荷物の量まで減らしてまで、引越し単身パックを利用する意味が全くありません。

 

そして、他人の荷物と一緒に運ばれるので、自分の荷物と他人の荷物が混ざってしまう可能性もあります。
極めて低い可能性ですが、ゼロでは無いので、そういったリスクがあることも覚えておきましょう。

 

TOPへ