引越し単身パックのデメリット

 

単身引越しを安く実現するためにおすすめなのが、様々な引越し業者が行なっている引越し単身パックです。

 

引越し単身パックは、単身者の引越し向けサービスのことで、通常の引越し料金よりも安いのが特徴です。

 

一般的な相場は、およそ1万円〜5万円ほどなので、通常の引越し費用の半額くらいだと思って良いでしょう。

 

そのため、単身者の方でこれから引越しを考えている方は、安く引越しをするために引越し単身パックを利用されてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、このように引越し料金が安いというメリットがある一方、デメリットもあります。

 

引越し単身パックの最大のデメリットは、トラックに積める荷物の量に制限があることです。

 

運べる荷物の量に制限があるので、荷物が多い単身者の場合は利用することができません。

 

また、利用したとしても追加料金がかかってしまうので、逆に他のパックやプランの方がお得になってしまう場合があります。

 

引越し単身パックの場合、引越し業者が用意した専用のコンテナに荷物を入れます。

 

このコンテナに入る量しか運ぶことができないので、本当に荷物の少ない単身者向けのサービスだと思ってください。

 

ちなみに引越し単身パックで使用されるコンテナのサイズは、一般的に幅が1メートル奥行1メートル高さ1メートル50センチくらいです。

 

冷蔵庫や洗濯機、テレビ、ダンボール10個程度を入れたら、ほぼ限界になるはずです。

 

メリットだけではなく、このようなデメリットも考慮して、利用するかどうか判断してください。

 

TOPへ